【今さら聞けない?】昭和、平成、令和の由来

こんにちは、はてなです。

平成30年4月1日菅義偉(すが よしひで)官房長官から新元号の発表があり

5月1日、元号「平成」から「令和」へと変わりましたね。

皆様は元号が変わる瞬間、どのように過ごしましたでしょうか!

 

私は4月に新元号の発表があり、「令和」とはどういう意味なんだろう?

と疑問に思いました。もちろんニュースになっていたので意味をご存知の方の方が多いと思いますが、では「昭和」「平成」の由来がご存知だったでしょうか!

 

今回は、

 

〈今さら聞けない?〉元号の由来

 

について話していきたいと思います!

 

『令和』(れいわ) (2019年5月1日〜)

 

まずはじめに、「令和」には、

 

〈人々が美しく心寄せ合う中で文化は花開く〉

 

という意味があるそうです。

意味の由来は万葉集から来ているそうです。

 

梅花の歌三十二首の序文

 

梅香の歌三十二首 序を幷(あわ)せたり

天平二年正月十三日に、帥老(そちろう)の宅(いえ)に暑あり、宴会をのぶ。

初春の令月にして、気淑(よ)く風和らぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)に披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香に薫る

 

〈令月〉には〈何事をするにもめでたい月〉という意味があるそうです。

「令和」でもみなさんにとってもめでたい時代になるといいですね!

 

『平成』 (1989年1月8日〜2019年4月30日)

 

「平成」元号を公表されたのは、当時官房長官をされていました小渕恵三さん。

「平成おじさん」として知れ渡っていますよね。

この小渕さんは後の1998年第84代内閣総理大臣に就任しています。

 

「平成」とは、

 

〈天地、内外共に平和が達成される〉

 

という意味があります。

意味の由来は書経大禹謨(だいうぼ)の「地平天成(地平らかに天成る)」

そして、史記五帝本記の「内平外成(内平かに外成る)」からきているそうです。

 

この二つを合わせて、〈天地、内外共に平和が達成される〉

という意味の「平成」というわけですね!

 

 

『昭和』(1926年12月25日〜1989年1月7日)

 

「昭和」といえば、『光文事件』が有名ですね!

端的に説明しますと、ある記者が新元号誤報してしまった事件です。

 

さて、「昭和」とは、

 

「国民の平和と世界の共存繁栄を願う」

 

という意味が込められており、由来は「平成」と同じく書経から。

〈百姓明、協万邦〉という記載があり、そこから二文字を抽出し

「昭和」となりました。

 

まとめ

今回は、「令和」「平成」「昭和」の意味と由来について記述させていただきました。

 

どの元号も人々の〈平和〉を心から願う日本人の清らかな心を体現しているように感じます。素敵な世の中に、そして日本人として生まれることができて幸せですね。

 

それでは今回はこの辺で!See you next time!