【今さら聞けない?】タピオカって何からできてる?

こんにちは、はてなです。

最近巷では、「タピオカ」が流行ってますよね。

特にミルクティーなどの中に入ってることが多く日本だけでなく世界中で多くの人に愛飲されています。

 

私は「タピオカ」が苦手なので、あまり口にしたことがないのですが、感触はもちもちしていて食べ応えのあるものなのだそう。

 

ここである疑問が。

「タピオカ」ってそもそもなんなんだろう?

皆さんは「タピオカ」って何からできてると思いますか?

 

でも今さら友達に「タピオカ」の原料は?とは聞きづらいですよね。

そこで今回は、

 

「タピオカ」って何からできてる?

 

という疑問にお答えしていこうと思います。

 

「タピオカ」とは

まず「タピオカ」の語源から。

 

「タピオカ」の語源は、ブラジルの先住民のトゥピ語で、

デンプンの製造方法をtipi'óka(ティピオカ)〉と呼ぶところから来ています。

私たちが呼んでいる「タピオカ」とは、製造方法の名前であり、

普段目にしているあのまん丸い「タピオカ」

実は「タピオカパール」というそうです。

「スターチボール」とも呼ばれているそうです。

(あまり聞いたことがないですが)

 

では「タピオカ」の原料はなんなのか?

 

ずばり「タピオカ」の原料とは「キャッサバ」

 

なんでしょう?「キャッサバ」って?

聞きなれない単語ですね。

 

単純に言えば、〈イモ〉です。

 

「キャッサバ」

味はさつまいもに似ているそうですが、甘味はさつまいもに比べ少なめです。

この「キャッサバ」の根茎から作られたデンプン

「タピオカ」になるそうです。

 

原産地は主に南米で、食用や工業原料として用いられているそう。

紙の強度を上げるために重要なんだそう。

実は、ミスタードーナツポン・デ・リングのモチモチ感を担っているのは

この「キャッサバ」デンプンなんです!

面白いですね!

 

「キャッサバ」には、〈苦味種〉〈甘味種〉という種類があり、

 

〈苦味種〉には、有毒な成分である〈シアン化合物〉が外皮に多く含まれています。

しかし、この〈苦味種〉は魂根が大きいため、デンプン原作物として栽培されていることが多いです。

 

〈甘味種〉は、毒抜きを行い、ふかしたり茹でたりすることで、

食用として使用されています。

 

 

 

 

それにしても不思議ですね。どうやってこの「キャッサバ」から

あの丸い「タピオカ」が出来上がるのでしょうか。

調べてみるとどうやらデンプンを球状に回転させて加工しているようですね!

 

すでに加工されたものが市販で売られているので

家庭でタピオカを作る際は加工された粒状のものを

に戻すだけで出来上がるそうです。

 

今度、「タピオカ」が大好きな友人に作ってあげようと思います!

 

それでは今回の疑問

「タピオカ」って何からできてる?

答えは、〈キャッサバのでんぷん〉でした。

 

ちなみに私は「タピオカ」よりポン・デ・リングが好きです。

 

それでは今回はこの辺で!See you next time!

 

 

【ふとした疑問】湯桶読みと重箱読みとは?

こんにちは、はてなです。

私は小説を読むのが好きなのですが、たまに

「なんだこの漢字!?読めない...だと!?」

という機会に遭遇したりします。

 

皆さんはそう行った機会に遭遇したことはありませんか?

個人的には勉強不足なのかな?とも思いますが、小説のなどで使われている言葉って私は普通に難しいと思うんです。

今回は漢字の読み方についてお話していきたいと思います。

 

突然ですが、みなさん湯桶読み重箱読みって知っていますか?

日常会話でこの言葉を使う機会はかなり少ないと思うのですが、

なんでしょうこの言葉の意味って?

 

それでは今回の疑問

 

湯桶読み重箱読みとは?

 

について探求していきましょう!

 

 

湯桶読み」とは?

f:id:kool-rock:20190506055327j:plain

蕎麦湯の湯桶(ゆとう)

まずはじめに読み方は〈ゆとう読み〉です。

「湯桶」とはお湯などを入れる器ですね。

 

湯桶読みとは、日本語における熟語の変則的な読み方のひとつで

 

漢字二文字の熟語の上の字を訓読み、下の字を音読みで読む場合

湯桶読みと呼びます。

 

この「湯桶」という二文字も

 

上の字「湯(ゆ)」が訓読み、「桶(トウ)」が音読み

 

なので湯桶読みです。

 

例えば、

 

〈手帳〉(てチョウ)

〈野宿〉(のジュク)

〈豚肉、鶏肉〉(ぶたニク、とりニク)

〈白菊〉(しらギク)

 

などが湯桶読みに当てはまります。

 

 

重箱読み」とは?

f:id:kool-rock:20190506061220j:plain

重箱(じゅうばこ)

読み方は〈じゅうばこ読み〉です。

うな重などのお皿に使われているのをよく目にすると思います。

 

重箱読みも、日本語における熟語の変則的な読み方のひとつで

 

漢字二文字の熟語の上の字を音読み、下の字を訓読みで読む場合

重箱読みと呼びます。

 

この「重箱」

 

「重(ジュウ)」が音読み、「箱(ばこ)」が訓読み

 

になっています。 

 

例えば、

 

〈音読み〉(オンよ(み))

〈訓読み〉(クンよ(み))

〈額縁〉(ガクぶち)

〈台所〉(ダイどころ)

 

などが重箱読みに当てはまります。

 

聞いただけだとなにが湯桶読み

重箱読みなのか全然わかりませんね...。

 

それでは今回の疑問

 

湯桶読み重箱読みとは?

 

答えは

 

湯桶読み」上の字を訓読み、下の字を音読みで読む漢字

重箱読み」上の字を音読み、下の字を訓読みで読む漢字

 

を指す言葉でした。

 

音読みと訓読みってごっちゃになりますね。

 

それでは今回はこの辺で!See you next time!

 

 

【今さら聞けない?】エモいとは?

こんにちは、はてなです。

最近、若者の間でよく使われる言葉があります。

 

「エモい」

 

なんでしょう、「エモい」って?

完全に時代から置いていかれている私。最近の若者言葉は難しいですよね笑

でも今さら友人に「エモい」ってどういう意味?とは聞き辛いです。

 

そこで今回は「エモい」の意味についてお話ししていこうと思います。

 

「エモい」とは?

「エモい」とは元々は音楽ジャンルのひとつ

「Emotional hardcore(エモーショナル ハードコア)」

それに由来するファッションや文化全般の俗称だそうです。

 

英語の「emotional(エモーショナル)」という形容詞は

 

〈感動的な〉〈心が強く動かされる状態〉

 

という意味です。

 

ですので、一見「エモい」というと「感動した〜」や「惹かれた〜」などと

捉えてしまいそうですが、実際はもう少しニュアンスが曖昧なようで使う人によって意味合いがかなり変わってくるようです。

 

若者はこの「エモい」

 

〈懐かしさ〉〈切なさ〉〈哀愁漂う〉〈趣がある〉

 などといったニュアンスを含んでいて実際は

 

「なんて言ったらいいかわからないけどとても良い」

 

というかなり曖昧な表現として使っている人が多いみたいです。

 

なんとも分かりづらい表現ですよね。

私は、感動したなら素直に「感動した!」と言えばいいのに!

と思ってしまいますが、「感動した」という感情よりも手前の

〈心をくすぐられる何かがそこにある〉と感じるから

「エモい」と使うのだろうと思っています。

 

例えば、あるアーティストの音楽を初めて聴いた時、

 

「なんかこの曲は私の心を掴んだ」時に「エモい」

 

そしてその音楽の歌詞やアーティストのパフォーマンスなどに目を向け初めてようやく

 

「この音楽の〇〇の部分が感動するとなるのではないでしょうか。

 

ですので「エモい」とは

 

実際は「エモい」の一言で片付けられてしまっていそうですが。

 

個人的に、「エモい」で片付けてしまうと、

相手が私たちに伝えたい『本質』を見つけることができないまま

 

〈ただなんとなく良い〉

 

という感情だけで良し悪しを決めつけているような気がして失礼な気がします。

ただ単にいちいち表現を説明するのが面倒だから「エモい」と言っているのかもしれませんが。

 

難しいですね。

憶測ですが、使っている本人達ですらあまり意味を深く理解していないような気がします。

 

それでは今回の疑問

「エモい」ってどういう意味?

 

答えは

〈懐かしさ〉〈切なさ〉〈哀愁漂う〉〈趣がある〉などのニュアンスを含んだ

「なんて言ったらいいかわからないけどとても良い」

という意味の言葉でした。

 

あまりパッとしない答えになってしまいました。

皆さんは自分にとって心を惹かれたものに出会ったら

「エモい」だけではなく、『本質』を見定めた上で

自分の気持ちを表現してくださいね!

 

それでは今回はこの辺で!See you next time!